So-net無料ブログ作成
検索選択

げんしけん(7) [マンガ]

げんしけん 7 (7)

げんしけん 7 (7)

「こちら側」の世界へ…

げんしけん 7巻 (★★★★★)
 
現代の高学歴社会は、青年が一人前の大人としての技術や知識を学ぶために、社会的責任や義務の履行を猶予する期間を与えている。要するに、モラトリアムのことです。『げんしけん』は、現代青年がモラトリアムをめいっぱい活用するさまを描く、「青春グラフィティー」です。組織に漂うビミョーな人間関係って大学時代に学びますよね。第7巻は、これを鋭くも鮮やかに描きあげている秀作と言えるでしょう!!!←ほめちぎり
①クッチーについて
 クッチーも青年です、それなりに生きてきてます。って感じです。あの態度 は、大人になりきれ  てないというよりは、大人になりたくないという拒否反応でしょう
②オギウエについて
 主体的な行動に出るとき、特に初航海は、怖いですよね、確かに。気持ちわかるぜオギチン!でもその先に見えるもの→【腐女子
 コスプレ見られて恥ずかしがって、目が> <になってるのに萌えた
③オオノについて
 基本的に考え方自己中心的。善悪別にして。その功罪がそこはかとなく出てます。
 友達の外人、笑った。リアルすぎる。スージーの年齢の話題のくだりが最高。あと、102ページの英語、めちゃおもろいです。斑目とくっついたりして。てか無いかそれは。だって『げんしけん』だから
④マダラメ
 まだおるんかい!6巻の最後でホロリとしちまったことを後悔。同年で、しか
 も卒業式前に読んだオイラの感情移入はどうなる!?どうにもなりません
⑤ササハラ
 就職決まった!なんだかんだで一番辞めなさそう。ある意味、社会への順
 応性ナンバー1だと思う
⑥サキとコーサカ
 多分別れるでしょう!
 
アフタヌーンしばらく読んでないんでわからないけど、笹原卒業で終わるんだとずっと思ってるんだけどどうなんでしょう?オタク臭さが消えて、ただの大学サークルの恋愛話に陥ったって批判もあるけど、物語の終わらせ方として、キレイでないの?
 
笹原が「5年生」になるのだけは、勘弁です

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:マンガ・アニメ(旧テーマ)

nice! 0

コメント 2

橘葉

初コメントさせていただきます。
笹原5年生、ありそうで嫌ですね(苦笑)
「ああっ女神さまっ」の蛍一も留年しましたし。同じアフタヌーンだから怖い。
それにしても荻上は株をどんどん上げてますねw
3人の女性キャラの中では一番の「萌えキャラ」ですよね。
by 橘葉 (2006-01-20 21:33) 

犬太

>橘葉さん
コメントありがとうございます。
荻上はホントにいいですねえ。
筆頭も頑なに貫いてるし。髪下ろした方もいいけど。
新キャラも出てこないし、終わるんだと思うけど…
by 犬太 (2006-01-21 14:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。