So-net無料ブログ作成
検索選択

かしまし~ガール・ミーツ・ガール #2 [アニメ]

かしまし~ガール・ミーツ・ガール 1 (1)

かしまし~ガール・ミーツ・ガール 1 (1)

はずむ(♀)に恋したヤシの数→(   )

第2話 (★★★★☆)

なんか一昔前に流行ったような構図の話ですが、ていうか、それを明確に意識しているようです。これもあかほりさとるのルネサンスもしくは復古主義ってことで。登場人物も、宇宙人→うる星とか、並子先生→みどり先生(Dr.スランプ)なんかを思い出します。両親のアホさ加減や、特にお母さんが関西弁なところに、古めかしさを感じてしまいます。自分はそれらを再放送で見たクチだけど、生で見ていた世代の人は、懐かしさも感じるんだろうなあ。

今回は、はずむが女になって生活を始めるという話で、それに順調に順応しずぎる様子を見て、とまりが複雑な気持ちを抱く。その理由は、まだわからないけど。

この後、はずむ・やす菜・とまりの「奇妙な三角関係」に展開していくらしいけど、個人的には明日太(友達の男の子)の苦悩というのが楽しみ。友達が女の子になって、しかもかわいくて、しかもしかも無防備で。

名前が宗教関係のものだけど、イスラム教も出してやらないと、世界平和的に、ダメだと思います、先生!


Canvas2 #14 [アニメ]

Canvas2~虹色のスケッチ~1「永遠の恋心」バージョン(初回限定生産)

Canvas2~虹色のスケッチ~1「永遠の恋心」バージョン(初回限定生産)

 

#14 (★★★★☆)

物語も後半に入ったけれど、こんないい話だったんですね。いつのまにか。てっきり1クールかと思ってたのに、なんか別の話になってます。これはこれで、おもしろいけど。浩樹(主人公)がようやく立ち直っていく様子が描かれるわけだけど、PC版ではヘタレ評価の高い主人公だけに、ゴチャゴチャやってくれそうな予感

最初のほうの萌え要素ははっきり言って消えていて、サブキャラの出番は平均5秒程度です。それが原因か知らないけど、角川のホムペでの人気投票、投票数がかな~り少ない(笑 これからPS2に移植って時に、ヤバい雰囲気っす。キャラ自体はPC版のときから評価高いんだけど…(ななおなるだし)。声優陣もレベル高いだけに、もったいない気がする…(特にエリスの声(名塚佳織)が完全にハマっていて最高)。

個人的には、朋子(ツンデレ)は候補にもなってなかったので棄権しました(霧の髪型がもうちょっとアレで、エリスのスタイルPC版と同じ(非現実的に良い)というアナウンスがあれば、どちらかに投票してたかな)。でも、第2回人気投票には候補になっているようなので、投票します。

てか、あるんかい!2回目…


ローゼンメイデン トロインメント #5 [アニメ]

ローゼンメイデンのゲームが発売されます。

内容は、時期的にはアニメの第1期にあたるものなので、薔薇水晶と金糸雀は登場しません。詳しい内容はまだよくわからないけど、プレーヤーはジュン(ミーディアム)になって、真紅らドールたちととも戦うというものでしょう。

とりあえず、楽しみです。限定版には、懐中時計がついてます。

#5 「手紙」 (★★★★☆

今回はちょっとしたサイドストーリー。第1期の「階段」みたいな感じ。

ジュンがいつも真紅と一緒にいることがおもしろくない翠星石。何とかジュンの気を引こうと、掃除や料理といった家事に挑戦するが、雛苺の邪魔もあって、ことごとく失敗。いっぽう雛苺はジュンに謝るために手紙を書くが、どのように送ればいいかわからない。翠星石からポストの存在を聞いた雛苺は、手紙を出すためはじめて一人で外に出る…。

今回は、雛苺とジュンの成長が描かれた回で、本人が気づかないその成長を、周りの人物(人形)が見守るという感じでした。それに対して翠星石の扱いがぞんざいだった…。トイレのドアに挟まれて終わり…あの手紙はどうなったんだろ~?かわいそう…。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。