So-net無料ブログ作成
検索選択
舞-乙HiME ブログトップ

舞-乙HiME #16 [舞-乙HiME]

舞-乙HiME 1

舞-乙HiME 1

 

 

第16話「『約束だよ!』」(★★★★★
メチャよかった!30分が長く感じられた。
物語がついに動き出した。ポイントは以下のとおり
①「黒い手紙」が配られる。その受取人の中に、オトメらしき人影が!(あの髪型は…)
②舞闘でアリカに敗れたトモエ、もはや目が逝ってる…
③トモエに忠告するチエ。その様子をエルスが目撃する
④トリアスの進路が決定する
 チエ…エアリーズシホ…フロリンスナオ…五柱
 ナオが五柱に選ばれたことで、ニナがナギのオトメになるのが確定?
 カラデア→フロリンスのシホには残念な末路が予想される…
ヨウコの様子が怪しい
アスワドはどういうポジション?
⑦トモエがアリカに復讐を決行→エルスが助ける
⑧アリカとニナとエルスが仲良く歌をうたう。今後の分裂を暗示してる…
⑨ついにシュヴァルツが行動開始!…で今回は終わり

もう怪しい人間が多すぎて、何がなんやら…。でも『エヴァ』みたいな大風呂敷感はなくて、最後にはすべてがいい具合にまとまりそうな安心感がある。まだ早すぎるけど、2006年1番のアニメになるんじゃないかな?
 
個人的には、トモエシホの活躍(?)に期待してる。

オープニングが変わった!佳境っぽい音楽で、なんかSEEDみたいなかんじ。
このオープニングから、今後の展開につながりそうなカットベスト5

①トモエがセンター位置のシーンがある→魂を売ったカンジ
舞衣が登場してる。子供時代が写真で登場してるけど、どんな位置で登場するのかな?
五柱vs.アスワド→五柱かっくいい!ナツキがマイズターローブ着てる!闘うのか?
④いろんなマイスターオトメが出てきて、要するに世界大戦みたくなるのかな?
⑤最後、アリカとニナが衝突する!やっぱそういう運命なのか…

オープニングを見て、とりあえず、今後は明るくない展開、ていうか、鬱展開なのはなんとなくわかった。あと、やっぱおもしろい!絶対に見逃せないってこともわかった!

舞-乙HiME #15 [舞-乙HiME]

ミーアカワイソス…


第15話「アリカ、泣く」(★★★★☆


話の前半で撒き散らした謎が、その全容を明らかにしてきました。まず、アリカが女王だったことが正式に確定。おばあちゃん、言うの遅いよ、何度か死にかけてるんだよ、あの子。暴漢に襲われそうになったところをセルゲイに助けられたアリカは、その胸で泣く。そしてアリカはついに、セルゲイに想いを告白する…。


その後、暴漢の自白で(?)これがミーアの仕業であったことが明らかになり、彼女はトリアス(チエ・シホ・ナオ)の3人に連行される。そして翌日、学園を退学になる!かわいそうに。


それにしても、トモエがついに極悪になっちまった!顔つきが前回から豹変した!声が水銀燈化した!最後の見送りも、きっと周りからはミーアを心配して行ったように見えてるんだろうな。気持ちいい極悪っぷりじゃ!「ゴミクズがっ!」ってwヒドイ…。何が彼女をそうさせるのか?シズルお姉さまがアリカに気をかける原因を、彼女の持つ「蒼天の青玉」にあると考えているようで…。


そのトモエに何かを感じ始めているチエは、デート中にナオの暴漢の「処理」を見て今回の事件を知った。デートねえ…。ナオ曰く「お盛ん」だそうで、相手はもちろん…。ま、この点でチエはオトメに適任なのだ。アカネと違って。チエ役の斎賀みつき、見事にタカラヅカってますなあ!


そのチエからアドバイスを受けたアオイは、アリカを鬱状態のマシロ姫のもとに向かわせる。そこでお互いの恋煩いを知り、二人はともに泣くのであった。ちなみにマシロは、アリカの恋の相手をサコミズと思っているw


このシーンで明らかになった、Aパートその後のセルゲイの行動は、アリカにとってかんなりキツかったようだが、それはセルゲイにとっても同様であって、なんと真剣に悩んでおります!「ましてやあの人の娘でもないのに…」って。つまり「そんな特別な繋がりがなくても14歳を好きになってしまう俺って、ヤバいなあ~。」ってことですかw 

そうではなくて、ヴィントの女王であるアリカをこちら側の「駒」にせなばならない。そのためには手段を選ばないはずが…。ってことです。


舞-乙HiME #14 [舞-乙HiME]

舞-乙HiME 2 (2)

舞-乙HiME 2 (2)

第14話 「オトメのSOS」(★★★★☆)
 
このあたりでストーリーを整理してほしいなあ…
もっと気を入れて見ていれば違うんだろうけど、さまざまな思惑を持った勢力が存在していて
それが多すぎて、ちっとわかりにくい。おもしろいけど。
前作同様「伏線」と考えれば、それでOKなんだけど…
 
ガルデローベ&オトメ
 被害者にして争いの火種。「意思を持った兵器」として戦争の中心になっていく
 どうやら今回も、鬱展開が待ち受けているようです
 この学園内にもさまざまな思惑が渦巻いているようで…
 ・ヨウコ先生が「アスワド」の言葉に過敏に反応してた
 ・トモエ半分キレている状態。たぶん破壊されて終わるんだろうな…水銀燈みたく
  最後に何をしでかしてくれるかが楽しみ。
 ・あとエルスも微妙
 ・アカネはどうなったんだろう?
ヴィント
 完全に受身の状態。メイドさんが隠れた実力を持ってそう。
セルゲイ
 ヴィントの本当の姫を捜索中。それが何を意味するのかね?
ナギ
 過去の高度科学技術を求める者たちと手を組み、何やら企んでいるようす。単純に世界征服
 なのかなあ?
アスワド
 科学技術の復興を目的として、ヴィントの技術を狙う。ナギ関係者との関係は微妙。
他国
 ジパングとかエアリーズとか、どのように絡んでくるのか?
 
次回以降ストーリーが急展開すると思われるので、とても期待しておる次第であります!
 
あと、各所にて(作画注意報)発令中。今回では、マシロの寝ているシーンやアリカの走っているところが危なかった!

舞-乙HiME ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。